札幌 Eatful・Life

札幌自炊生活ブログです。

カテゴリ:おうちご飯 > おうち甘味スイーツ

子供の頃の「おふくろの味・甘味版」の一つである『アイスクリン』。自分では作れないと思い込んでいたけど、調べたら幾つかレシピの違いはあるものの結構簡単。そりゃ明治時代からある氷菓なので、今の冷凍設備で作れない訳無いよね(笑)なのですぐ作ろうと思い立ったは良いけどここ数日肌寒い日が続いて作る気になれず;22℃予報の今日ならとやっと決行。


材料はこれだけ?少な過ぎてビックリ。
20240526icecrin001
先に鍋に卵黄と練乳を混ぜて
20240526icecrin002
牛乳加えて混ぜて火にかけて撹拌・・ハンドブレンダーが壊れて今は無いのでどうしようかと思ったけど、そんなの別に必要無かった(笑)でも次はブラウンかティファールのまともなハンドブレンダー買おうと思う。沸騰手前まで加熱後バニラオイルを加えて、しかし甘みが少な過ぎるのできび砂糖小さじ一杯だけ加えて調整。
20240526icecrin003
耐熱ボウルに入れて自室の冷凍庫で冷やして
20240526icecrin004
三時間後。。中央が固まって無いのでザックリ混ぜ込んで
20240526icecrin005
更に三時間、しっかり固まってきたけどもう少し冷やして
20240526icecrin006
丁度三時のおやつ時にいただきます。これ・・やっぱり甘さ控えめ過ぎ!今の自分で甘くないのだから、子供の頃に食べた母のアイスクリンはもっと甘かったはず。昭和だしね(笑)それとバニラも薄い。もっとバニラ香が強かったな。それと練乳を結構使ってたけど、まだ足りない。記憶の中ではもっと濃厚だったはず。あの時のレシピを教えてくれ!と願っても、もう訊くことは出来ないので😭記憶を頼りに、もしくは美化された記憶の味に近付けるためにこの夏はアイスクリンを極めようと思う。ホラこうやってまた痩せない(笑)そして食べた時の気温は20℃。。寒いよ!🥶
20240526icecrin007
材料)
牛乳350ml、練乳・大匙6、卵黄2個分、きび砂糖小さじ1、バニラオイル5滴
次回用メモ📝
生クリームも追加。卵黄三個、砂糖を多めに。バニラオイルじゃなくエッセンス多めに。


【ゆっくり解説】20年前に全国から消えた”アイスクリン"について



おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村 

朝方、雨が降ってた様だったけど、午前はこの通り晴れてたので普通に買い出しに。しかし帰り道の彼方では暗雲が地面まで垂れこめてるので「あ~、あっちの人は雨に降られてお気の毒に😊」と他人事に思ってたら、自分もスコールに降られてずぶ濡れに!(笑)
20230929juugoya001
しかし早く買い物に行ったので、今日は森住さんのうどんが買えた。後悔は無い!(笑)今日は十五夜なので月見うどんにします。
20230929juugoya002
それと、9/10に枝豆から仕込んでおいた「ずんだ」。この日の為にずっと冷凍庫で保存しておきました。
20230929juugoya003
色がゾンビ色に(笑)でも解凍したらまた元の色味に近くなってました。
20230929juugoya004
で、台所のストックを見たら白玉粉が一袋!これじゃ微妙に足りなくね?と言う事で夕方スーパーに買い物に行ったら、白玉粉だけ売り切れ。増量させるために「もち粉」も探したらそちらも売切れ。。今時みんな家で団子なんて作ってるの?ウチだけだと思ってたわ(👈今年だけのくせに(笑)
20230929juugoya005
で、帰ってきてもう一度もち粉くらい残ってないかと探したら、もう一袋あった!やったー!今日はツイてるんだかツイてないんだかよくワカラン(笑)
20230929juugoya006
260g分の白玉だんごを捏ねて茹でて冷まして
20230929juugoya007
これは食後だけど、底からずんだ、白玉、ずんだと重ねてホイップクリームで。
20230929juugoya008
もっとブリッと絞ればよかったわ(笑)ずんだの塩味と控えめ過ぎる甘味で程よく満足(笑)しかし家族から、だんごはもっと小さく作れとクレームが!大雑把な性格的に何でもデカくなるんだからしょうがねーべと(笑)
20230929juugoya009
今夜のメイン、鶏月見うどん。焼きネギとかまぼこ、三つ葉(水菜からチェンジ)。
20230929juugoya010
こちらも控えめのツユで家庭内評価は高め。森住うどんは一分茹で過ぎで丁度いい感じ。
20230929juugoya011
美味いねぇ。2袋茹でて一家で満腹な量。森住製麺で金曜だけ売ってます。人気ですぐ売り切れるそうなので、買うなら早い時間にどうぞ。ごちそうさま。
20230929juugoya012
十五夜
眠いのにガマンして待ち続けて23時前後になってやっと撮りやすい角度に回ってきてくれた。写真モードでは上手く行かなかったので、ビデオモードでやっとそれらしく撮れたけど手ブレしてんじゃん😭 でも理屈は分かったのでもういいや。月を撮っても霊的に良い事は何ひとつ無いのでオススメしません。まぁ自分は太陽側の人間ですし(笑)(👈
20230929juugoya013
うどん材料)
森住製麺うどん、鶏もも肉、長ネギ、かまぼこ、三つ葉、うどんつゆ(マルちゃんつゆ、醤油、酒、地鶏昆布しろだし、ほんだし)


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村 

今日の気温、33℃。エアコンの無い札幌生活は地獄じゃ!🥵東京ではまだエアコンつけるかつけないかで悩むだけの余裕があった。我慢できなければリモコンポチッとすればいいんだから(笑)大体我慢できないラインが31℃でしたね。。それも今週末までのガマンだと思えば何とかやっていけます;

今日は昨日から食材用意しておいた、ずんだと白玉ぜんざいを作ってみる。
20230822zundazenzai001
枝豆茹でて、フードプロセッサーでずんだにして冷蔵庫で冷やしておき、白玉茹でて盛り付けて、冷凍ホイップをかけてほんの数十秒・・・で溶けた!🤣😡🥵
20230822zundazenzai002
で、白玉が芯まで冷えて無いので生温かく、小豆も冷やすの忘れててちょっとした微温湯地獄(笑)うん、まぁ、美味しいから良いわ。。(´Д⊂ヽ
20230822zundazenzai003
ずんだも余ったので、後日アイスに載せたりしてみよう。ごちそうさま。専用冷凍庫はいつの間にかアイス専用機になってしまったけど(笑)ここまで暑いとアイスクリーム系やアイスモナカは食いたくない;ちょっとガリガリ君買って来るわ(笑)
20230822zundazenzai004
材料)
特に書く程でもなし


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村 

今年もお月見しなかったし、団子も食わなかったし、何より食いしん坊デブとしては団子喰いたかったという未練が残ってたので(笑)白玉ぜんざいでも作ってみようと昨日思い立っていた。
20220920zenzai001
で、今日昼前に作り始めて気が付く。今日からお彼岸だった/(^o^)\
でも実に完璧なタイミング。お供え物買い忘れてたのもこれでカバーできます(笑)で、いつも使ってる小豆缶の買い置きがあるけど、甘すぎるので前の冬に買っておいた小豆をイチから茹でて作ります。
20220920zenzai002
しかし渋抜き後、一時間茹でてもまだ硬い;なので結果的に30分延長。それでもまだ粒々感がしっかり残ってたけどこの辺で妥協。黒糖は150gで甘さ控えめ過ぎたので、きび砂糖も大匙2ほど追加。
20220920zenzai003
余熱で置いてる横で、白玉作り。白玉粉200gに水200mlで捏ね捏ね。
20220920zenzai004
大きさがまばらだけど(゚ε゚)キニシナイ!!(笑)
20220920zenzai005
大きいので4分程茹でて
20220920zenzai006
水で〆て洗って〆て洗って。。
20220920zenzai007
白玉ぜんざいの完成。。仏前にもお供えしてからいただきます。
20220920zenzai008
うーん、白玉めっちゃすごい弾力。もっと小豆がトロトロだったら絡んで良かったな(笑)でも作り方と失敗点は分かったので、次こそ完全にマスターしよう。。お彼岸期間にもう一回作ろうと思う。ごちそうさま。
20220920zenzai009
材料)
白玉粉200:水200、小豆、黒糖、きび砂糖、塩


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村 

大好きな「ゆべし」が食べたくなり、しかし札幌では似たようなものでは「くるみ餅」として売ってるけどちょっと違う。だったらもう自分で作ろうと先月末にネットのレシピで挑戦してみた。。
20220801yubeshi001
が!白玉粉が無く仕方なくモチ粉で作ってみたらデロデロに広がってスライムに!(笑)冷蔵庫で一晩固めて食べたけど、食感的にも明らかに水分量が多い。もち粉だからか?でも味的には良かったので、次は絶対白玉粉で作ろうと反省。。
20220801yubeshi002
で、昨日の買い出しで白玉粉も購入。
20220801yubeshi003
今回も胡桃ゆべしで。だったら北海道のくるみ餅と何が違うの?って、その辺は良く分からんので訊くな!(笑)
20220801yubeshi004
参考サイトのレシピから上白糖をきび砂糖に、打ち粉を片栗粉に変更。レンジでの加熱は指定時間通りに。
20220801yubeshi005
二回チンして、この後三回目で爆発しました(笑)
20220801yubeshi006
でも何とか形になったかなと。粗熱取れたら冷蔵庫に。
20220801yubeshi007
バットからも剥がせて、カット出来て、更に片栗粉まぶしていただきます。味は上々でモッチモチで美味しい。でも子供の頃から慣れ親しんだ味ではないな。。醤油ver.ではなく味噌ver.の方が良いかも。もっと自分なりに研究してみよう。レンチンで作るゆべしは簡単なのが嬉しい。もう少し微妙に水分少な目の方が良いかな。あ、これは一家でペロリでした😋 ごちそうさま。
20220801yubeshi008
材料)
白玉粉、クルミ、黒糖、麦芽水飴、きび砂糖、水、あまくち醤油、片栗粉


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

一年前の画像記録を見ると、昨年の昨日もプリンを作ってた。で、翌日に実食👇
20220530pudding001
見たら食べたくなるのが人情(笑)ずっとガマンしてたけど、昨夜やっと久しぶりに重い腰を上げた。去年はとにかく甘い物ばかり作ってたなと。リバウンドの原因だ(笑)使う卵は既に開封してたLLサイズに変更します。
20220530pudding002
で、作り始めるとやっぱり簡単。一年前とほぼ同レシピ。
20220530pudding003
でも今回生クリーム無しの牛乳ちょい多めでヒタヒタにして、ホイルをかぶせてオーブン150℃で60分セットする。。お菓子類が面倒なのは、オーブン使う時に一々ラックの上の板を外さないといけない所。それで調味料もどかしてと、それだけで億劫😓
20220530pudding004
50分後、様子を見るとホイルが表面にくっついてちょっと焦げてる上に、全然固まってない。なので様子見しながら更に20分追加でトータル80分。。全然固まらねー!と、しかしこれ以上はもう無駄だなと粗熱取った後、冷蔵庫に移して翌日。。
20220530pudding005
しっかり固まってやんの(笑)
20220530pudding006
では翌日の今日、実食。カラメルが緩くなる様に温水で容器底を温めてからお皿に開封。とりあえず成功!
20220530pudding007
焼き過ぎてのスが入ってない事を祈ったけど、それも大丈夫そう。
20220530pudding008
お昼のおやつタイムでコーヒーと一緒にいただきます。
20220530pudding009
あ、ちゃんと出来てます。ス入り回避、ツルツル食感。カラメルタップリウマウマ。一年前と違って生クリーム無しの分あっさり、その代わり卵強め。なのでちょっと茶碗蒸し感もあれど(笑)味は上々。やっぱり心置きなくたっぷり食えるので自家製プリンは最高!(笑)今回は半分だけ食べて、残りは明日にでも。。と言いつつ多分夕食後に消えるでしょう(笑)
20220530pudding010
材料)
牛乳500ml、卵LL4個、グラニュー糖60g、バニラエッセンス13滴、カラメル(グラニュー糖40g、水20g、追加冷やし水大匙1.5杯)


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

そろそろ甘いものを作って食べたいなと先日から用意していた材料で、大福を作ってみよう。今回は米粉で皮を作ってみる。それだけじゃツマランので、甘納豆で豆大福の様にしてみる。初めてのくせに毎回こうやって基本をすっ飛ばすから失敗が目に見えてますが、さて。。(笑)
20220528daifuku001
とりあえず大福六個分として、先にアンコを何故か52gで六個分用意。
20220528daifuku002
米粉100gに対し水150ml、きび砂糖25gで三回チンしていくと、何故か硬すぎなのでその度にお湯を加えて練ってチンしてと、結局水250ml近く使ったと思う。それをバットの片栗粉の上で切り分け生地を五等分。。
20220528daifuku003
という事で五個で完成;片栗粉付け過ぎじゃろ!!(笑)😓
20220528daifuku004
うーん、果てしなくブサイクな大福ですが。。皮は果てしなく軽く、フンワリとした食感。個人的には餅粉の方が良いかな。でもアンコの甘さも程よく、結局家族で全部ペロリでした。大体作り方も分かったし、何よりアンコが7割は残ってるので、また何か作らねば。何とかバリュとかスーパーの和菓子の餡って、口が曲がる程甘いのはあれは何だろうね。結局専門店で買うか、自分で作れるようになるかしないといけない。貧乏なので後者です(笑)
20220528daifuku005
材料)
米粉、つぶあん、甘納豆、きび砂糖、水、片栗粉


おうちごはんランキング 

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

このページのトップヘ